出典:http://thailand-colleen.travel-book.info/massage/soi-cowboy.html

ティーラック

店舗情報

住所 未設定

今宵は物申せ、外道コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

物足りぬ、そんな貴兄に

外道まとめ

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

3月7日訪問。一応ステージもあるが、音も小さめで、客はファランがほとんど。それぞれ気に入った子としゃべりながら飲んでいる。女も呼ばないと来ないので、言葉が出来ない日本人にはつらいスタイルか?(2007年5月28日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

本題のティラックですが、ソイカ1のパッポン系ゴーゴーバーなのはわかっていましたが、長年交流のあった某ウェイトレスのおばちゃんが以前は絶対しなかった勝手にコーラ付け伝票を回してきたのにビックリ!言えばあげるのに思いっきりドン引きです。子飼いのウェイトレスを持っておくと何かと便利だったので可愛がっていたのですが。ここのチュムちゃん(27歳・ティラック在籍4~5年)は日本人好みの超美形。あまりにも美人なのでよほど日本人に人気かと思っていたのですが、日本語をしゃべれないところをみるとそうでもないのかも。一度SEXしたいと思っているのですが、コロシアムに1回行ったきりでした。今回時間がなくオフれませんでしたが次回は床模様をリポートしたいと思います。(2007年7月19日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

姫はよばないとあまり来ないのでビールをチビチビ。新人らしき19歳娘がよってきたのでトーク、英語のみ日本語不可、色白ぽっちゃりが好きな人ならOKかも。周りはファランがほとんどで同胞は例によって隅っこでビールをチビチビ。19歳はおいといてダンサー・アップル・25歳をショート1000でPB500、あまり会話を盛り上げれなかったせいか、やたらビジネスライクな一発。タク代100渡してサヨナラ。背が少し高めで細身、ちょっときつめの顔立ち、しまりは悪くなかったがあまりにビジネスライクな一発だったのでテンション↓(2007年12月11日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

2月22日BACCARAの後に訪問。蛍光色のミニスカがそそります。女は・・・まあまあいいんでないかな。以前投稿した、近くの店にいた未成年はこの店に移っていた。(2008年5月6日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

今夜は近場で済まそうと、露天で歩道が狭くなったナナ界隈をブラブラ歩いて、メジャーな援交カフェ“テーメー”に。しかし、開店が夜8時と書いてあるじゃないか(・・・たしか12時閉店??何時間営業なんだ??)・・・仕方なく更に歩いてソイ・カウボーイを覗いてみることに。「ん~終わってるな。噂には聞いてたが・・・」廃墟寸前と言った状態のソイカ。ババア呼び込みも黒服達も全くやる気なし。1駅区間以上歩いたオイラとB兄は汗ダク&喉カラカラ。折角ここまで来たんだからと自分に言い聞かせてとりあえず“ティラック・バー”に入店。店内はやっぱり閑古鳥。ノーパンダンサーもやる気皆無。1人用お立ち台が付いたテーブルに座ってコーラを一気飲み。興味は無い?が・・・目の前でブーツ・ノーパン・ミニスカのお姉ちゃんが踊ってると、ついつい見上げてしまうオイラ。「何見てんだよ。このスケベ野郎。」みたいな冷ややかな視線で見下す女王様気分のダンサー。黄門様とパイパン生スジ拝見料としてチップ20B渡して早々に退散しました。(2008年5月21日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

他にもう1軒ティラックを覘いたが、全くやる気なしの状態ここだけは外を歩いていても他店と違い白人に対しても全く呼び込み無し店内はキレイだが腕を引っ張る子もなし客も数人、女の子だけがやたら多かった気がした(2008年7月1日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

3人組が「B&W」に入って行ったので、隣の「ティラック」に入店。ココは客がいっぱい居た、ほぼ満席。広さは別にして、造りや姫の質は「シャーク」と変わらないのに歴然の差、ナゼだ?活気に満ちた店内は、姫達も「揺れてる」ではなく「踊って」た。明るい店内と満員の客に居心地悪くなり、ハッピーアワーのビアシン1杯でチェック。「シバズ」の前でフライドチキンを買ってたら、3人組が「シバズ」から出てきて、「ティラック」に入って行った。(2008年9月10日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

通うと楽しいのが、ティラック当たり前だけど何時も俺を見つけると、5人程が寄って来ます。安くないドリンクでも彼女達ディープキスもしてくれるし。乳首も触らせてくれる。皆にこにこ愛嬌たっぷり、少し慣れてくると触りまくりで、スカートの中もやっと入れさせてくれました。そして腰の上に乗って腰を使って、バックのポーズします。もちろんそこがあたります。少し濡れてる子もいますからご注意。遅い時間はカッコいいコヨテーが来るので注目している。やっぱり違うわペイバーしたい。此処似なれると何処のゴーゴーバーも入れない。確かにナナとは別格に客として満足できます。デートにも最適です。 (2008年10月20日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

8月からTILACに嵌まりっ放しです。欠点は、ゴーゴーガールがウエイトレスが大挙して押し掛けるのが面倒ですが友達感覚でキスしたり。おっぱいに触れたり、ズボンの上から息子をなぞったり、女の子の性感帯をコチョコチョしたりかなり長い時間居ても空きません。ペイバー一度だけしました全然なれておらず、摺れてもいません。KEKちゃん性格いい子でした。食事くらいご馳走すればよかった。 お水系の友達とデートする場所が、ソイカかなんてすすんでるでしょ、友達の輪が出来て彼女は益々接近してきて全然退屈しない時間を過す。両手に花でしたがさすがにゴーゴーガール達も遠慮気味で平和でした。彼女は二回目とかでしたがまたデートとかお誘いが有ったので、正解だったようです。ソイカは10回ほど通っています。寄って来る子は6人です。   (2008年10月20日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

1月10日No3、23時 カーボーイのティ-ラックに行く。昨日ほどではないが混んでいる。休憩中のしょぼんとしたダンサー2人の間にわざわざ座る。どう見てもOFFできるレベルではないがたまにはいいか。左がびっくりしたようだがコーラと言ってきた。ちょっと話しをしたかったのですぐにOK。右は何も言わない。10分ほど経過しても右は股に手をやるだけ。100Bやるとこれまたビックリしていた。左にも100B。しばらくすると2人ともダンスタイムで目の前のテーブルで踊る。見上げると左は履いているが右はノーパンだった。 左はOFFしてと言ってきた。SEXは無いが食事だけでいいかと言うといいと。OKすると嬌声を挙げて喜び周りの人が皆見ている。よっぽと久しぶりかほんとうに喜んでいた。ウエートレスがコンドームを2個持って来るので一応もらっておく。ソイ23のタイ食堂に行く。美味しく食べて3人で1.200B。食事中に月給は幾らかと聞くと15.000から20.000Bと言う、随分とタイも高給になってきたなと思った。二人の顔をよく見ると似ているので姉妹かと言うとそうだと。なんだか嬉しくなってきた。素朴で純粋で顔には恵まれないが良い一時を過ごしソイ21でさよならした。(2009年2月23日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

次のティラックはのぞくだけだったがこれまた店内ガラ~ンここは店の前にいる女の子達がまったく客の呼び込みはしません数年前からです(2009年10月15日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

楽しそうに踊っている0?番のAちゃんを呼びドリンクを奢ります。初対面と思っていましたが、Aちゃんは以前ナナのR4にいて、小生のことを覚えているとのことです。Aちゃんの話では、いつも小生は同じ子をPBして、その子の特徴は・・・・思い出したくない過去もあるものです。気さくな良い子ですが、適当に話を切り上げてゴーゴーバー・ツアー続行です。(2010年2月2日

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

ここは、ソイ・カウボーイのゴーゴー『ティーラックバー』。顔見知りのソバージュ姉さんが連れてきたのは、上目遣いが可愛い謙虚な「J」。このソバージュ、なかなか毎日よい推薦しよるな、日本人の好みをわきまえている。「おいでよ、ここへ」「カー」ソバージュ姉さんと三人して、そこそこに盛り上がる。「ロング、ええやろ?」「だめ、ショートだけ…」「ゆっくりしたいんや、ロングロング~」ロングを承諾してくれないJに、ソバージュ姉さんも「この人は大丈夫(何が大丈夫なのかはわからない)、ロングでも行っときなさい!」ってなことを言い添え、ボクの要望と店の売り上げを応援してくれる。「ロングロング」「2時…」「もう一声!」「4時」ってなアホな交渉を続けていると、「私は5時半までOKよっ」って、出たぁ、ぱあぁあ。Eの登場や。昨夜後輩に譲ったぼく好みのEだ。嬉しい展開ではあるが、Jの手前、「よっしゃ、Eで決定!」とはなかなか言い出しにくい。しかし、やり手のソバージュ姉さん、「そうそう、元々この人はEの彼氏やし…」みたいにJを丸め込み、私も嬉し恥ずかしながら、後輩の弟になることを決心し、Eを5時半までいただくということで、大団円。(しかし、Jは帰り際に、携帯番号をメモした伝票をコソッと手渡してくれました。恐るべし、タイ女。)(2011年3月17日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

ティーラックからNaoをペイバーした。Naoは、出勤してすぐ着替える間もなくペイバーされたという訳で、あとは、私というナイスミドルを転がしておけば儲けになる。なかなかうまい商売だ。ナイスミドルは、ゴハン食べてないというNaoを連れて、soi26の『いなかっ娘』へ。Nao、この女はひとつひとつの所作が女っぽい。女の匂いをふんだんに活用しているとでもいうのか、なにか天性のものを持っている。好きやわ、こんな雰囲気、こんな感じ。そんなに食べるでもなく、ホテルへ帰還。ここで靴を脱いでもいいのか?水をもらっていいか?トイレ行っていいか?Naoはなんでも私に尋ねて、許可を得てから行動する。シャワーを浴びるときには、化粧を落としていいか?とまで尋ねられた。「何でそんなこと聞くねん?」と尋ね返すと、化粧を落とすと私、綺麗じゃない。あなたは綺麗な顔を見て私を抱きたいんじゃないかと思って、とのたまう。なるほど、それも一理あるな。しかし、初めての問いかけや。悪い気分ではない。逆にこちらの指示にはすべて従う。浴槽で身体を洗ってもらったあと、「ここに座れ」とバスタブの縁を、ポンポンと叩いてみた。「何するの?」と問いながらも、縁にこしかけたNao。バスルームに煌々と灯るライトの中、ガバッと太ももを押し開き、その中心部でテカテカ光る小動物をペロペロしてみた。湯に浸かった直後だからか、なんの味も匂いもない。Naoはキャッキャと笑いながらも、拒否することはなく、私のするがままにまかせている。ええい、ケツの穴も舐めといたれ。(2011年3月23日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

朝5時には帰ると云ってたNaoは、その時間をすぎてもスヤスヤと眠り続けている。携帯の着信音でエムが目覚めたのは8時頃だろうか、部屋にはもうたっぷりと夏の陽が差し込んでいる。眠そうに電話で応対している相手の声は、女だ。女同士の電話が長いのは、世界共通。もう目が覚めて、横で転がってるこっちはヒマやし…ということで、全裸 on bedで電話中のエムのボディにちょっかい出してみる。まずはおっぱいや。チュッチュ、ペロペロ。あれ?舐めても吸っても何も云わない、無視や、電話が続く。舐めてもええんやな。こっち側も吸うといたれ。ともう片方の乳首。そしてちょっと下がって、臍も舐めたろ。下腹部から腰骨、そして太腿へと続くラインは、この世の中で最も美しいラインだ。ここまできたら、ついでというのもなんやけど、ホイも舐めといたれ。先っちょはどこや?あぁ、もう、手足にからむシーツがじゃまやしー。ということで、思い切ってシーツもはがして、180度開脚や。ぱっかーぁぁ!!あ、これもええみたい。抵抗なし。ハハ、何でもOKや。その上あそこの毛は、踊るときにはみでないようにと剃ってあるので、文字通りの剥き身や。まあ、いわば死んでなかった方のジャンボ貝汁の具みたいなもんや。サイズでいえば、あさり程度か?ちょっと伸びた陰毛の数もかぞえられるくらいにボクの目のピントも合っている。これまでにも、こんなにシミジミとマジマジと近い位置から長い時間眺めた覚えはないな。眺めてはペロッ、睨んではチュッチュッと、随分長いこと遊ばせてもらった。明るい中でしっかり見ても、子供を産んでるとは思えないような小さくて綺麗なあそこやった。しかし、哀しいかな、まじまじと探索したことによって、今まであまり気づかなかった妊娠線や張りを失った下腹部回りが顕わになってしまいましたが…。
長~い電話が終わると、「コラーーッ、お前は!」とは云われないが、まるで待ち構えていたように襲われ、主客逆転。今度は、エムが私を180度開脚させる番だ。しかし、陽光の下に晒させていただくにはあまりに醜い具ですので・・・ということで、90度くらいにおまけしてもろて、かぶり付いてもらいました。そんなこんなで、10時頃までゴロゴロ。帰りにはO.T.ということで、5000毟りとられました。(2011年3月28日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

週末のこの店は良い!22時を過ぎたあたりになると、コヨーティとgogo嬢の共演が始まる。天井に頭をぶつけそうなコヨーティの長身と小さなサル顔の隣同士のダンスは笑えるな。週末は適度に混んでいるので、コーラ攻撃もなく、まったり出来て良い店だ。平日は、客少なくてデックサーブの女選べ攻撃がうるさいけど。(2011年6月21日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

ここは2011年1月に初めて訪問。入店して誰も声を掛けて来ない様子にすっかりアウェイ感を抱いてトイレだけ利用してさっさと出ていったのが最初でした。
みなさーん!ここは自分からズカズカ入って嬢に話しかけないと楽しめないですよー。でも一回慣れると最高に居心地の良いゴーゴーです。
お客さんはファラン多数、日本人もちらほら。
嬢はたくさんいますが、可愛い子は多い時で4-5人?。当然、可愛い子を隣に侍らせてまったりしてくださいねw
私はお気に嬢を常に横に座らせてまったりしております。(2011年9月6日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

??????いい名前だ。こちらはまたバカラとちがって個性的、野生的な雰囲気が悪くない。なじみのEはいなかったが、ホールのおばさんやソバージュ姉さん、ダンサーの中にも顔見知りが多い。みんな在籍が長いのね。ビールが150するはずなのに、チェックビンは二人で260。絶対勘定間違っとるな。気づかれないうちに退散。(2011年10月5日)

出典:http://hage.momo-club.com/info/cowboy.htm

ずいぶん変わったなぁと思いつつ入店、店内も目が痛くなるほどの光モノのオンパレードでクラクラするとりあえずオネーチャンが一人で踊ってる小さいテーブルの前に陣取り小鼻を膨らませながら眼福を堪能なかなかいい感じのダンサーが混じってる大所帯、背中にびっちり彫り物してる59番が現在5ヶ月目の新人で可愛い作りの顔がよろしい。ステージで美人ではないが愛嬌のある笑顔で元気良く踊っている81番とお話したかったがどっか行ってしまった残念。黒いコスチュームの女がコヨーテらしいが81番のエネルギッシュな踊りには勝てず海藻のようにゆらゆらしてるだけだった。お値段はそれなり 入店の価値アリ(2011年12月17日)